J2ファジアーノ岡山は21日、FW片山瑛一(25)が左足関節捻挫により全治6~8週間と診断されたと発表した。18日の練習試合中に痛めた。26日に迫ったリーグ開幕戦の出場は絶望的。

 片山は昨季、リーグ39試合3得点。MFやDFなど複数のポジションをこなしたほか、得意のロングスローでも好機を演出した。今季は強いフィジカルを生かしてFWに復帰し、故障中の赤嶺真吾(33)に代わる1トップとして開幕に向けアピールしていた。

 また、期限付き移籍期間満了に伴い、FW王靖斌(ワン・ジンビン、21歳)の退団も発表。中国・広州恒大から昨季途中加入し、試合出場はなかった。

...    
<記事全文を読む>