26日開幕のサッカーJ2に挑むツエーゲン金沢の「キックオフパーティー」が20日、金沢市のホテル金沢で開かれ、ファンやサポーター、スポンサーら約600人が上位進出へ熱いエールを送った。今季から指揮を執る柳下正明監督は「キャンプでチームは一つになることができた。必ず良い結果を残す」と力強く宣言した。

 約1カ月の宮崎キャンプから帰ってきた選手たちとスタッフが壇上で紹介され、西川圭史ゼネラルマネジャーが「熱く戦うので最後まで一緒に戦い、石川を盛り上げていただきたい」とあいさつした。

 イレブンは、帰りの飛行機が雷に打たれたため、急きょ列車で金沢に戻った。選手はトラブルにもめげず笑顔でテーブルを回...    
<記事全文を読む>