サッカーJ2松本山雅FCは19日、1週間後のJ2開幕を控え、恒例の「キックオフイベント」を東筑摩郡山形村の商業施設アイシティ21で開いた。トークショーに駆け付けたユニホーム姿のサポーターら数百人を前に、反町康治監督や選手らがJ1昇格を目指す意気込みを語った。

 反町監督は今季のJ2について「自分より年齢が上の監督が増え、シビアなリーグになってきた」。目標については「勝ち点85以上、順位は1位か2位を目指してまい進したい」と昇格を見据えた。

 後藤圭太選手と星原健太選手を除く28人の選手も一人一人壇上へ。多くの選手が、J1昇格を惜しくも逃した昨季の悔しさを振り返り、今季の昇格を誓っていた。

 ...    
<記事全文を読む>