サッカーJ2の松本山雅は16日、3次キャンプ地の鹿児島市で、紅白戦などを行ってチームの仕上がり具合を確認した。

 紅白戦は組分けを毎回変えながら18分を3本実施。得点は計1点で、2本目に飯田や田中、岩間、工藤らの組に入った高崎が石原からのクロスに合わせて決めた。全ての組が3―4―2―1の布陣で対戦した。紅白戦後はGK陣が居残って練習し、山本、志知、三島らはシュート練習に励んだ。

 3次キャンプは17日が最終日。18日はJ2の東京Vと東京都多摩市陸上競技場で、45分を4本の練習試合をすることが発表になった。例年は開幕の約1週間前に行う最後の練習試合を非公開にしていたが、今年は東京V側からの要...    
<記事全文を読む>