攻撃のリズムをつくる MF前田凌佑(背番号32) J1神戸から育成型期限付き移籍で加入した。J1リーグ戦の出場経験は17試合と少ないが、高い技術を備えたボランチだ。出場機会を求めて大分入りした22歳は「(移籍の)話をもらって即決した。とにかく試合に出たい」と貪欲にアピールする。

 中盤でボールを触ってはテンポよくパスをつなぐ。うまく攻撃のリズムをつくり出している。守備意識も高い。「もう一人のボランチの特長に合わせ、バランス良くプレーしたい」と周囲を生かすのも得意だ。

 アイドルのような顔立ちも人気が出そうだ。「攻守ともたくさん顔を出して、トリニータのために全力を尽くしたい」 まえだ・りょうす...    
<記事全文を読む>