JリーグやBリーグを立ち上げた日本サッカー協会最高顧問の川淵三郎氏(80)は、水戸市内で茨城新聞などのインタビューに応じ、本県のプロスポーツにエールを送った。J2水戸やB2茨城ロボッツに「一緒に1部に上がれたら市民は喜ぶ」と奮起を促した。

 (杉野碧)-J1鹿島や水戸、ロボッツの印象は。

 アントラーズは別格として、ホーリーホックは発足から苦労しているのを知っている。一番長くJ2にいる値打ちはそれなりにある。(J1に)行くときは一気呵成(かせい)に行く。茨城ロボッツと一緒に1部に上がれたら水戸市民はすごく喜ぶんじゃないか。水戸市の古い歴史の中でスポーツの躍動感が出てくれば印象も変わってくる...    
<記事全文を読む>