Jリーグ開幕を前にJ1~J3の全54クラブの監督や選手が集う「2017キックオフカンファレンス」が13日、東京都千代田区の東京国際フォーラムで開かれた。徳島ヴォルティスのリカルド・ロドリゲス監督とMF岩尾憲主将は26日の開幕戦で対戦する東京Vのミゲル・アンヘル・ロティーナ監督、MF井上潮音選手と握手を交わし、健闘を誓い合った。

 ロドリゲス監督とロティーナ監督は共にスペイン人で、今季から指揮を執るのも同じ。東京Vは「敵陣でボールを長く保持し、パスをつないで攻め崩す」ことを掲げ、目指すサッカーは徳島と似ている。

 ロドリゲス監督は「フィジカル強化が進み、戦術の共通理解も深まるなど仕上がりはい...    
<記事全文を読む>