FC岐阜は今季の新体制を発表し、就任1年目の大木武監督の下、11人が新たに加入した。今季を戦う11選手の意気込みなどを紹介する。◆DF甲斐健太郎 高いヘディング武器昨季、岐阜の特別指定選手としてリーグ戦1試合に出場したDF甲斐健太郎(22)が、阪南大から加入した。181センチの長身を生かした打点の高いヘディングが武器で、身体能力も高い。「1試合でも多く携われるように頑張りたい」と定位置確保を狙う。昨年のチームと比べて若手選手が多くなったことを挙げ「刺激を受けている。庄司さんなど力のある選手も入り、違うサッカーができるはず」と今季の手応えを話す。2年連続リーグ最多失点の不名誉な記録にも触...    
<記事全文を読む>