Jリーグの2017シーズン開幕を前に、J1、J2、J3の各クラブの監督や代表選手が抱負を語る「キックオフカンファレンス」が13日、東京都内で開かれた。J2参戦4年目となるカマタマーレ讃岐は、プレーオフ進出の6位以内が目標。北野誠監督は「補強により選手層は厚くなった。選手たちには競争意識もあるので、(全体として)チーム力が上がっていけばいい。キャンプが終わって状態も上がってきたので楽しみ」と仕上がり具合に一定の手応えを口にした。

 昨季19位のカマタマーレは26日の開幕戦で、同16位の熊本と敵地で顔を合わせる。北野監督は「アウェーだが、勢いをつけるためにもしっかり勝ちたい。チームとしてやる...    
<記事全文を読む>