サッカーJ2・大分トリニータの激励会が12日夜、大分市内のホテルであった。大分トリニータ後援会の主催。スポンサー関係者や後援会員ら約200人が参加し、チームにエールを送った。

 福本祐二後援会長があいさつし、来賓の広瀬勝貞知事、佐藤樹一郎大分市長らが「一丸となって戦い抜いて」と激励。大分フットボールクラブの榎徹社長が「皆さんの声援が選手の背中を押してくれる。応援お願いします」と呼び掛けた。

 片野坂知宏監督が「厳しい戦いを覚悟している。上位を目指し、スタジアムに来てもらえるサッカーをしたい。今季も支えてください」と述べ、選手一人一人が自己紹介と決意表明をした。

 その後、選手がサインや写真撮...    
<記事全文を読む>