サッカーJ2レノファ山口の魅力などについて考えるフォーラムが10日、レノファと連携協定を結んでいる山口市桜畠の山口県立大学であった。サポーターら約150人が参加し、さまざまな立場でレノファに関わる人の話に耳を傾けた。レノファの石原正康ゼネラルマネージャーやスポンサー企業、サポーターの代表者がパネリストを務め、レノファ山口が地域にもたらす効果などについて意見を述べた。県立大からはレノファ山口U―18への栄養指導の様子やレノファに関する調査研究の発表などが行われた。同大の学生がレノファの魅力を紹介するコーナーもあった。レノファのサッカースタイルの特徴や試合時のスタジアムの雰囲気などを伝えた...    
<記事全文を読む>