沖縄キャンプ中のJ2カマタマーレ讃岐は11日、南風原町役場黄金森総合公園陸上競技場でJ2名古屋と練習試合を行った。45分×3セット(0―1、1―0、1―2)で計2-3で敗れたが、主力組で臨んだ1、2セットは1―1と互角の内容。北野監督は結果に残念がりつつも、「取り組んできたことは浸透している」と、一定の満足感を口にした。攻守連動、安定感増す 昨季までJ1だった格上の存在に、カマタマーレが南国の地で積み上げた成果を発揮した。特に光ったのが1点ビハインドの2セット目だ。

 攻撃は積極的に高い位置のプレスでボールを奪って保持し、人数をかけた。連係の良さも発揮。...    
<記事全文を読む>