サッカーJ2の松本山雅は11日、3次キャンプ地の鹿児島市で、セットプレーの守備と攻撃をテーマに練習した。

 昨季は32失点のうち、CKから9点、FKから1点を失っている。反町監督は「CKの失点を減らさないと、勝ち点1の重みを語れない」と指摘する。CKは左右から、攻撃側と守備側の選手が入れ替わって練習。引き続き行ったFKは1本ごと蹴る位置を変えながら攻防に取り組んだ。

 鹿児島市は9日夜から11日午前まで雪交じりの悪天候が続いた。この日は午前に練習する予定だったが、山間地にある練習会場が雪の影響で使用できず、別の会場で夕方から練習した。

 12日はJ3鹿児島と45分を3本の練習試合を行う。 <記事全文を読む>