サッカーJ2・モンテディオ山形の新スタジアムについて、基本計画を決めて資金を調達し、建設後の運営にも携わる新たな株式会社設立を目指す発起人会は8日、天童市のNDソフトスタジアム山形で第1回会合を開き、発起人代表に寒河江浩二山形新聞グループ経営会議議長(山形新聞社長)を選んだ。会社設立に向け、発起人を中心に出資を調整していく。

 注目の設置場所については「現段階では白紙」。場所の決定については、新スタジアムの概要を盛り込んだ基本計画策定後、例えば第三者委員会を設置するなど公平性を確保しながら進めていくとしている。

 発起人会は県内の経済、金融、スポーツ、報道の各分野の関係者で構成した検討委員...    
<記事全文を読む>