宮崎市の清武総合運動公園で二次キャンプに取り組むサッカーJ2のFC岐阜は八日、アマチュアリーグの日本フットボールリーグ(JFL)の地元チームホンダロックSCと練習試合(45分三回)をし、計8-2で勝利した。1得点を挙げたFW古橋亨(きょう)梧選手(22)は「もっとゴールを決めたい」とさらに上を目指している。

 一回目の25分ごろ、パス回しから中盤のMFシシーニョ選手(30)にボールが渡った。守備陣の裏に抜けた古橋選手が右足でパスを受け、姿勢を崩しながらも左足を振り抜いた。試合後、大木武監督(55)も「理想的な攻撃だった」とたたえた。

 中央大では機敏な動きを武器に一年生の時からレギュラー入...    
<記事全文を読む>