2017年シーズンの開幕が今月26日に迫ったサッカーJ2・モンテディオ山形。経営面では、16年度(16年2月~17年1月)の決算で、当初見込んだ赤字は5500万円から大きく圧縮できる見通し。17年度は前年度並みの強化費(チーム人件費)を確保した上で黒字を目指す。ただJ2に降格して2年目を迎え、広告料や入場料収入では落ち込みも予想され、一層の経営努力が求められる。

 16年度予算は、J1だった15年度に近いチーム人件費を計上するなど5500万円の赤字を見込み、損失分は純資産から取り崩すとしていた。決算見込みでは、営業収益が予算比1500万円増の15億円前後となり、赤字は約2千万円まで圧縮さ...    
<記事全文を読む>