宮崎での2次キャンプを終えたJ2徳島ヴォルティスが7日、板野町の徳島スポーツビレッジで練習を再開した。26日のリーグ開幕戦が迫る中、選手たちはチームが掲げる「攻撃的で魅力あふれるサッカー」の実践に向けた最終調整に入った。

 コンディション不良のFWアシチェリッチ、MF木村を除く28選手がグラウンドに集まった。午前中はランニングの後、3組に分かれて6対2のボール回しとペース走、体幹トレーニングをローテーションで行った。

 ボール回しではロドリゲス監督が「スペース、スペース」と選手間の距離を意識するよう求め、素早いプレスができているかをチェックした。キャンプ中の練習試合で計2得点を挙げるなど好...    
<記事全文を読む>