サッカーJ2の横浜FCの選手やコーチらによる巡回指導が7日、三浦市内の小学校で始まった。子どもたちは元気いっぱいにサッカーを楽しみ、校庭には歓声が響いた。

 横浜FCが地域貢献の一環で2003年度から始めた取り組みで、市内の事業者などが資金面で支援。初日は、市立旭小学校と市立南下浦小学校で行われた。

 南下浦小では4、5年生計約40人が参加。横浜FCの女子チームで、プレナスなでしこリーグ2部ニッパツ横浜FCシーガルズのディフェンダー田中景子さん(30)とチームスタッフの笠井祐介さん(25)がコーチを務めた。

 子どもたちはグループに分かれてシュートでコーンを倒す練習などを体験。田中さんから「...    
<記事全文を読む>