2017シーズンのJ2リーグ開幕を1カ月後に控えた1月30日、トップチームはプレシーズンのキャンプのため、一路スペイン・マラガへと渡った。湘南ベルマーレがスペインでキャンプを張ることが初めてなのはさることながら、この地でキャンプを張る日本のクラブもわれわれが初めてだという。スペインという未知の土地で、チームは2017シーズンを戦う礎を築いている。

 キャンプに臨むにあたり、目指すべき姿の素地となるのは昨シーズンの反省だ。「挑越(ちょうえつ)」を掲げた2016シーズン、チームは自分たちの確固たる戦い方を貫き通した。しかしそれは、磨きのかかった「スタイル」がピッチ上での選手個々の判断を制限し...    
<記事全文を読む>