J2ファジアーノ岡山は6日、FW赤嶺真吾(33)が左下腿(かたい)部肉離れにより全治4~6週間と診断されたと発表した。2日の練習中に痛めた。26日のリーグ開幕に間に合うかどうかは微妙な状況。

 赤嶺は昨季、J1のG大阪から加入。前線で体を張って攻撃の起点となり、リーグ41試合で4得点を挙げた。初めて進出したJ1昇格プレーオフ準決勝の松本戦では、後半ロスタイムに劇的な決勝ゴールを決めた。J1通算成績はリーグ249試合68得点。

...    
<記事全文を読む>