プレシーズン大会の「Jリーグ・DAZNニューイヤー・カップ鹿児島ラウンド」第1日は5日、鹿児島市の鹿児島県立サッカー・ラグビー場で2試合が行われ、J2ロアッソ熊本がJ1磐田と1-1でドロー。鹿児島ユナイテッドFCとギラヴァンツ北九州のJ3対決も1-1で引き分けた。鹿児島ラウンドは4チームの総当たり戦で、8、11日にも行われる。

 ■PKでの1点のみ互いに守備手応え 北九州と鹿児島のJ3対決は互いにPKで挙げた1点ずつで痛み分けとなり、両チームの新指揮官とも守備に手応えをつかんだ。北九州は前田らDF陣の故障者が多い中、相手をサイドへ追い込む守備が機能。後半は相手をシュート1本に抑え、原田監...    
<記事全文を読む>