J2ファジアーノ岡山は5日、ホームゲームの運営を担うボランティア向けの説明会を政田クラブハウス(岡山市)で開いた。

 岡山市内外から約50人が参加し、クラブの担当者らが、試合開始4時間前の集合から後片付けまでの流れや、ゴールの設置、観客の持ち物検査といった活動内容を説明。懇親会や女子会を通じて、ボランティア同士が世代を超えて交流を深めていることも紹介した。

 クラブによると、ボランティア登録者は170人とここ数年ほぼ横ばいで、不足気味という。ファジアーノの岡本龍平さんは「一緒にホームゲームをつくりあげ、スタジアムを盛り上げてほしい。年1回でも構わないので気軽に参加してもらえれば」と話してい...    
<記事全文を読む>