サッカーJ2の松本山雅は2日、2次キャンプ地の静岡市清水ナショナルトレーニングセンターで午前と午後の2部練習を行った。午後はクロスボールに対する守備練習に約1時間をかけて入念に取り組んだ。

 松本山雅は昨季のJ2でリーグ最少の32失点。ただ、反町監督は「うちは横からのボールに弱い」と課題を挙げていた。昨季はクロスからの失点が6あり、その失点を減らすことがJ1昇格への鍵になる。

 ピッチは縦の長さを短くして練習を繰り返した後、やや広めにしてゲーム形式の練習を行った。緩慢なマークには指揮官の厳しい声が飛んだ。DF飯田は「失点を限りなくゼロに近づけることが僕たちの仕事」と話し、意欲的に指示を出し...    
<記事全文を読む>