サッカーJ2水戸ホーリーホックの新たな活動拠点となる予定の城里町で一月三十一日、臨時町議会が開かれ、二〇一六年度一般会計補正予算案を審議、練習に使う旧町立七会中のグラウンドの芝生化費用二億三千万円を賛成多数で可決した。町は早期に業者を選定し、四月にも整備に着手したい考え。

 町は当初、グラウンドの芝生化に一億四千万円前後がかかると試算。しかし専門家などから、校庭の土質が芝の生育に適していないと指摘を受けたため、土壌改良が必要と判断した。この結果、事業費は九千万円膨らむことになった。

 町によると芝生は、しっかり根付いて管理しやすい「まき芝」と呼ばれる方法で造成する。芝をまく時期は、五~八月...    
<記事全文を読む>