サッカーJ2、FC岐阜の宮崎キャンプが1日、始まった。大木武新監督の下で巻き返しを目指すチームは開幕(26日)に向け、宮崎市清武総合運動公園を拠点に練習や他クラブと試合を行う。

 チームは1月下旬に大阪で6日間の1次キャンプを実施した。今回は12日間の日程で、チーム力の底上げを図る。

 初日は午前に移動し、午後3時から練習を行った。練習後には、滞在する同市内のホテルでJリーグ等宮崎協力会(宮崎市観光協会)主催の歓迎式があり、クラブの宮田博之社長、大木監督、司令塔の庄司悦大選手に花束や地元特産品などが手渡され、激励を受けた。

 宮田社長が「岐阜より暖かい宮崎でしっかりトレーニングをし、開幕を迎...    
<記事全文を読む>