持ち味を一言で表現すれば「センス抜群」。MF南秀仁は巧みなパス交換やドリブル突破で相手の守備網に穴を開ける。「アシストやゴールを決めることができる場所でプレーしたい」と冷静に語る。J2東京Vの下部組織からステップアップし、2012年にトップチームに昇格した。日本フットボールリーグ(JFL)の町田に期限付き移籍した期間こそあるが、東京Vの生え抜き的存在だ。「ずっと気心知れたヴェルディでやるのは楽だったが、それを続けても成長はない」と山形へ。新しい環境に加え、自身初めてのシステム「3―4―2―1」に取り組む。「吸収できるものが多い」と充実感を漂わせる。「点を取ることに関わりたい。ボールを持...    
<記事全文を読む>