J2のFC岐阜は、1日から12日まで、宮崎市清武総合運動公園で2次キャンプを実施する。期間中に、KリーグのFCソウルやJ1広島などとの練習試合が組まれ、大木武監督は「FCソウルはACLの王者にもなったチームでそう簡単には戦えない。どこまでやれるか楽しみ」と意気込む。

 6日間の大阪キャンプを経て「何をやらないといけないのかはっきりした」と指揮官。今後は、リーグ開幕に向けて選手の見極めや、戦術の浸透を図る構えだ。加入2年目のMF田中はこれまでの練習について「体力的にきついが、楽しさもある」と充実した様子。「監督から、プレーが自分勝手と言われたので視野を広くしたい」と宮崎での抱負を口にした。...    
<記事全文を読む>