Jリーグが25日に幕を開けました。22日には一足早くアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグG組も始まっています。いよいよシーズン到来です。フロンターレのサポーターも胸が高鳴っているでしょう。

 が、その前にちょっとだけ…。18日にフジゼロックス・スーパーカップが行われ、浦和を破って優勝した鹿島の石井正忠監督が「鹿島にとってタイトルとはどんなものか」と問われ、こう答えました。

 「タイトルを取ることで見えるものは確実にあって、それを数多く取ることでチーム力、クラブの力もどんどん大きくなっている。取ってみないと分からないうれしさというのが本当にあって、1個タイトルを取ることに...    
<記事全文を読む>