昨季までJ1の湘南を相手に強みは出したが、ゴールに向かう力には明白な差があった。ホームで開幕を迎えた水戸は零封負けを喫した。水戸は、守備のマークを明確にするため、3バックを採用。前半は相手の攻撃力に押され、サイドを崩され何度もピンチを招いたが、体を張った守備でしのいだ。センターバックの内田は「つらい時間も全員で踏ん張って耐えられた」。笠原の好セーブやポストにも救われ無失点で折り返した。後半はウイングバックの守備位置を下げ、最終ラインが安定。奪ったボールを左サイドの攻めにつなげる形をつくった。悔やまれるのは後半21分の相手CK。意表を突く低いボールに対応が遅れ、痛い失点を許した。結果は...    
<記事全文を読む>