25日に開幕したサッカーJリーグ1部(J1)で、5年ぶりにJ1に復帰した北海道コンサドーレ札幌は仙台に0―1で惜敗した。札幌市豊平区の札幌ドームでのパブリックビューイング(テレビ観戦会)に集まった2千人超のサポーターは、結果を残念がったが「次戦こそ初勝利を」とエールを送った。

 観戦会は、敵地の仙台市で戦いに臨むチームを応援してもらおうと、運営会社「コンサドーレ」が企画した。無料で開放されたスタンドは、赤と黒のユニホーム姿のファンで埋まった。

 試合はGK具聖潤(クソンユン)選手を中心に守備陣がピンチをしのぎ続けたが、終了間際の後半39分にゴールを許した。その後の反撃も及ばなかった。試合終...    
<記事全文を読む>