サッカーJリーグは25日、明治安田J1の8試合で25年目のシーズンが開幕した。仙台は仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台で今季昇格した札幌を迎え、新加入のFW石原の決勝ゴールで1-0で勝った。

 全国の8会場には計18万人近いサポーターが詰め掛け、声援が送られた。

 J1の大会方式は3年ぶりに18チームが全34試合を戦い、年間勝ち点で優勝を争う1シーズン制に戻った。英動画配信大手と昨年結んだ10年で約2100億円という大型契約により、今季から優勝賞金は1億円から3億円に増額となった。

...    
<記事全文を読む>