11年ぶりの王座奪還を狙う浦和はリーグ開幕の前日の24日、大原サッカー場でミーティング後、約1時間、全体練習を行った。

 ランニング、ボール回しに続き、10対10のミニゲームで汗を流した。

 前線3枚は黄色ビブスがワントップにラファエルシルバ、シャドーに柏木と武藤、青色ビブスはワントップにズラタン、シャドーに李とオナイウが入った。公式戦2戦連発中の興梠、青木、阿部、森脇はミニゲームには加わらず、ランニングなどで調整した。

 練習後に会見したミシャ監督は「とにかくチーム一丸となって、勝利をつかみ取りたい。そういう強い気持ちを持って臨む」と5季連続の開幕戦白星へ、決意を込めた。
<記事全文を読む>