サッカーのJリーグ1部(J1)が25日、開幕する。清水エスパルスとジュビロ磐田の県勢2チームが2013年以来、4年ぶりにそろってJ1で戦う。清水はホームのIAIスタジアム日本平(静岡市清水区)でヴィッセル神戸と対戦。磐田は敵地のヤンマースタジアム長居(大阪市)でセレッソ大阪と戦う。

 清水は24日までに神戸戦の入場券1万7千枚以上を販売し、指定席は完売した。本拠地で開幕戦を迎えるのは3年連続。J2だった昨年は1万5453人が詰め掛けたが、これを上回ることは確実。15年は1万9736人だった。年間席は昨季から800席上回り5千席が売れた。

 清水は1999年から3季着用したモデルを基にした新...    
<記事全文を読む>