新システム「3-4-3」の最大の強みは攻撃だ。昨季までの「4-4-2」より中盤から前線の人数が多い。ボールを保持する時間を長くすることで攻撃に多様性が生まれる。一方、守備が少ない分、パス回しなどのミスが失点に直結するリスクもある。

 開幕戦はシャドーストライカーでの先発が濃厚なMF奥埜は「ゴールに近く、より中央でプレーできる」と、2トップの一角や右サイドハーフを務めた昨季との違いを指摘。「やりやすいし、やりがいを感じる」と力強い。

 攻撃の鍵を握るのが、ワントップのFW石原。ゴール前で、ラストパスの受け手にも出し手にもなる。キャンプでは、浦和などで経験した同システムの動きを積極的に伝えた。...    
<記事全文を読む>