J1大宮は25日、NACK5スタジアム大宮で行われる開幕戦で川崎と対戦する(16時)。チームは23日、埼玉県さいたま市内で報道陣にのみ練習を公開して約1時間30分の調整を行った。

 パス練習やポゼッションゲームでウオーミングアップを行った後、11対11では主力組のDFラインに右から奥井、菊地、河本、大屋と並び、ボランチは大山と茨田。サイドハーフ右に長谷川、左に瀬川が入り、江坂と大前が2トップを組んだ。

 渋谷監督は川崎の選手名を挙げながら細かい状況を想定。「サイドに開き過ぎないように」と中央を絞る意識付けが徹底され、3―4―3への対応も確認した。その後は約20分間の紅白戦が行われ、大屋の左...    
<記事全文を読む>