◎新システム 伸びしろ期待  宮崎市のKIRISHIMAヤマザクララグビー場で、午前のみ約1時間半練習し、オフを含めて36日間のキャンプを終えた。チームは同日午後、空路で仙台に戻った。23、24日は仙台市内で練習し、25日のリーグ開幕戦札幌戦(14時・ユアスタ仙台)に臨む。

 14年目のシーズンを迎えたMF梁勇基は「仙台に戻り家族に会えるのはうれしいが、やっと終わったという達成感はない」と、開幕戦に向け気を引き締めた。

 札幌戦は「シャドーストライカー」と呼ばれる下がりめのFWの位置で、先発が見込まれる。22日のミニゲームでは、同位置でキャンプ中に磨いてきた攻撃の連係を確認した。

 「得点が...    
<記事全文を読む>