J1清水は21日、今季主将にFW鄭大世が就任すると発表した。練習前のミーティングで小林監督が指名した。昨年の主将大前がJ1大宮に移籍し、指揮官が後任を人選していた。

 14代目主将となる鄭大世。「サッカー人生でキャプテンを任されるのは小6以来。チームが苦しいときに助けられる存在になりたい」と決意を示した。小林監督は「(鄭大世の)前向きな姿勢はチームにスイッチが入る。精神面でいい影響を与える」と期待した。

 今季の練習試合のほとんどで鄭大世が主将マークを着けてきた。鹿児島キャンプ中の柏戦では前半にPKを失敗。だが、「落ち込んでいる姿は見せられない」とさらに勇敢にプレーし、後半に決勝点を奪った...    
<記事全文を読む>