得点源の最前列を務めるのは誰か、注目される。ブラジル人FWクリスランが負傷離脱中のため、現時点での最有力は、今季J1浦和から期限付き移籍したFW石原と、J1FC東京から完全移籍したFW平山だ。石原は技術系で、平山がパワー系。渡辺監督は異なる2人のタイプをどう生かすのか-。

 キャンプで最も実績を挙げているのが石原。非公開を除く3試合で3ゴールと活躍した。精力的に動き回って守備の隙をつくり、好機を確実に仕留める。173センチと小柄だが、跳躍力があり空中戦にも強い。32歳のベテランの技術は健在だ。

 新システム「3-4-3」は、強豪のJ1広島、浦和時代に経験済み。味方がどう動けば好機をつくれる...    
<記事全文を読む>