25日のJ1リーグ開幕戦で川崎と対戦する大宮は19日、さいたま市内でJ2町田と完全非公開の練習試合(45分×2本)を行い、1―1で引き分けた。前日の新潟戦と同様に、得点者とメンバーも非公開とされた。

 試合後に取材対応した渋谷監督によると、先制を許した大宮が前半のうちに追い付いたという。渋谷監督は0―2で敗れた18日の新潟戦と合わせて「この2試合は結果を求めて戦ったが、最終的に結果が出なかった」と表情を引き締めた。

 前線からのプレスは機能しているようで、「いい守備をすると蹴ってくる。蹴られたときのプレスバックも必要」と改善点を指摘。「もう少し安定したボールの動かし方と、ゴール前の迫力が必...    
<記事全文を読む>