札幌の熊本キャンプは19日、熊本県民総合運動公園で午前のみ練習を行った。約20分間のランニングの後、同公園内の広場でストレッチや体幹トレーニングをして汗を流した。最後には遊びも実施。手をつないだ状態で複雑に密集した選手たちを一つの輪に戻していくゲームで盛り上がり、気分転換を図った。

 開幕まで1週間を切り、四方田監督は「開幕はゴールではなくスタート。週末の公式戦に向け、逆算して(練習を)やっていきたい」と語った。

 20日はオフに充てる。

...    
<記事全文を読む>