今季開幕戦となる25日の札幌戦が迫る中、正GK争いが熱を帯びている。昨季、負傷がちな六反(現J1清水)に代わり守護神の座に着いた関と、期限付き移籍先のJ2松本から復帰したシュミットの一騎打ちの様相。ややリードする関をシュミットが猛追し、石川慧も激しいポジション争いに加わろうとしている。

 関の「常に準備を怠らない」姿勢は昨季、守護神六反が負傷した仙台の危機を救った。このキャンプもけがなく順調。練習試合では抜群の反射神経を生かしてゴールマウスを死守する。渡辺監督は「GKがバタバタするとチーム全体に伝染する。(関)憲太郎は後ろでどっしり構えているので心強い」と絶大な信頼を寄せる。

 新システム...    
<記事全文を読む>