J1のアルビレックス新潟は高知キャンプ最終日の17日、春野総合運動公園でJ2徳島と非公開で練習試合(45分ハーフ)を行い、0-6で敗れた。試合後、報道陣に対応した三浦監督は「6失点は真摯(しんし)に受け止めないといけない」と悔しそうに語った。

...    
<記事全文を読む>