川崎とのリーグ開幕戦を翌週に控えた大宮は17日、高木サッカー場で約1時間の練習を行った。練習前には約20分間のミーティングを実施し、完全非公開で行われる18日の練習試合へ意思共有を図ったと見られる。

 練習ではウオーミングアップの後、クロスに合わせて3人一組でゴール前へ走り込み、守備陣はクリア、攻撃陣はシュートとそれぞれの動きを確認。その後はセットプレーの練習に取り組み、CKでは大前が正確なキックを披露した。

 渋谷監督は「プレシーズンマッチでもセットプレーからチャンスが生まれた。昨季は(リーグ)41得点だったが、もう少し欲しい。うちにはヘディングがうまい選手はたくさんいるので、競った試合...    
<記事全文を読む>