国内サッカーシーズンの本格的な到来を告げる富士ゼロックス・スーパーカップは18日、横浜市の日産スタジアムで行われ、昨季J1で2位の浦和は、J1と天皇杯全日本選手権の2冠を達成した鹿島と激突する(13時35分キックオフ)。

 チームは17日、大原サッカー場で1時間のミーティング後に約1時間半の最終調整。ボール回しなどに続き、GKを含めた12対12のゲーム形式を実施し、前線3枚は青色ビブスがワントップにズラタン、シャドーに李と武藤。黄色ビブスがラファエルシルバをワントップに、オナイウと興梠がシャドーを組んだ。布陣は読みづらいが、過密日程も考慮したメンバーで挑む可能性が高い。

 その後、試合会場...    
<記事全文を読む>