浦和は18日、今季の幕開けとなる富士ゼロックス・スーパーカップで昨季のリーグ、天皇杯王者の鹿島と対戦する(13時35分・日産スタジアム)。

 試合を2日後に控えたチームは16日午前、大原サッカー場で約2時間、汗を流した。この日から沖縄合宿中の8日の練習試合で左足を捻挫したラファエルシルバが全体練習に合流。全てのメニューをこなした。

 ランニング、筋力や体幹などを鍛えるMSCSトレーニング、ボール回しに続き、3人がコンビを組みパスをつなぎながらゴールを目指し、2人が守る3対2やタッチ制限などを設けた4対4を行った。

 最後に、ハーフコートよりもやや広いピッチを使い、12対12(GK含む)のゲー...    
<記事全文を読む>