サッカー・J1リーグ戦が25、26の両日にいよいよ開幕する。J1参入6年目のサガン鳥栖は、25日14時から鳥栖市のベストアメニティスタジアムで柏レイソルと対戦する。

 新主将のFW豊田陽平選手をはじめ多くの主力が残る中、元日本代表のGK権田修一選手や名古屋グランパスからMF小川佳純選手など実績のある選手が加わったサガン鳥栖。フィッカデンティ監督が指揮を執る2年目の今季、悲願のタイトル獲得に向けてまい進する。

 また、18日にはサガン鳥栖に在籍していたMF金民友(キム・ミヌ)とMF崔誠根(チェ・ソングン)の両選手を擁する水原三星ブルーウィングスと国際親善試合を行う。

 どちらの試合でも勝利を収...    
<記事全文を読む>