サッカーJ1・サガン鳥栖の佐賀市激励会が12日、佐賀市のロイヤルチェスター佐賀で開かれた。悲願のJ1リーグ制覇に向けて準備を続けるサガンイレブンを後押ししようと、市民ら約400人が結集し、「今年はタイトルを取って」などとエールを送った。

 激励会では、クラブ結成20周年を記念した映像を放映した。マッシモ・フィッカデンティ監督や豊田選手らが入場すると、発起人の秀島敏行佐賀市長が「相手に嫌がられ、恐れられるチームになり、大きな1年にして」と励ました。

 多くの激励を受けたフィッカデンティ監督は「(FC東京時代を含め)日本では4年目のチャレンジ。何か大きなことをサガン鳥栖でやり遂げないといけない...    
<記事全文を読む>