磐田がキャンプを打ち上げた。最終日はランニングやサッカーバレーなどで汗を流し、鹿児島のファンに今季の声援を呼び掛けた。名波監督は「大きなけが人が出なかった。100%ではないが、合格点は与えられる」と順調に進んだ18日間を総括し、磐田に戻った。  指揮官には予想以上の発見が多かった。個人名こそ挙げなかったが、「『こいつとこいつがすごい』という組み合わせが見つかった」と話す。小川航や荒木ら若手の成長も評価。ゴール前への飛び出しが目立ったアダイウトンには「爆発してほしい」と期待を込めた。  キャンプ中は、守備の組織化に重きを置き、中村俊や川又ら新戦力と既存選手の連係向上に努めた。だが、攻撃は...    
<記事全文を読む>