サッカーJ2ファジアーノ岡山は11日、宮崎市でキャンプインした。18日までの8日間、Jリーグの3チームと練習試合を重ねて戦力融合を進め、昨季「あと1勝」まで迫ったJ1昇格に再挑戦する。

 6年目となる宮崎キャンプには、故障者を除く選手26人とコーチングスタッフらが参加した。機材繰りの影響で宮崎空港到着が約20分遅れたものの、歓迎セレモニーを終えると、すぐに練習場へ移動。ランニングや10対10のゲーム形式で約1時間半、汗を流した。

 この日の宮崎市は最高気温が9・2度と平年を4・7度下回る真冬並みの寒さ。それでも選手たちは懸命にボールを追い、随所で激しい攻防を繰り広げた。DF竹田忠嗣は「チー...    
<記事全文を読む>