渡辺監督が延岡市でのキャンプを振り返り、2週間後に控えたリーグ戦開幕に向けた成果などを語った。◎一問一答 -開幕に向け最後の調整段階に入る。

 「けが人ゼロで推移したかったので(クリスランや金久保が抜け)残念。ただ、昨年よりけが人が少ないのはいいことだ」 -新戦力への期待は。

 「石原がいい役割を果たしている。(攻撃陣の充実で)クリスランが秘密兵器のような存在だ。(負担の大きいサイドで)中野が90分間走り切っているのも大きい。新しい選手がいい競争をもたらしてくれている」 -「3-4-3」の新布陣を試し、監督として迎えた3季目のキャンプは心境の変化があるのか。

 「システムが話題になるが、今ま...    
<記事全文を読む>